2022.9.20(tue)スイング改造(備忘録)

先日のゴルフでチーピンが酷くて悔しかったので、帰宅してから練習。自分なりの解釈だけどと前置きしておいて、

ゴルフ始めたころより上半身で打ちに行く傾向があって、スライスが持ち球となってたんだけど、とあるプロより手打ちを直しなさいと言われてたのね。それでスイングを改造してきたんだけど、一時は物凄く良くなってきて80なんて打たないんじゃないのってぐらい切れ味鋭いショットを放ってたのに、youtube見たりして少しずつスイングが変わってきてたんだね。そして、今までチーピンなんて打たなかったのに、ここにきて1ラウンド8回もチーピンって重症すぎる。

勘違い

ダウンスイングの時に右ひざや右肩が突っ込んで、軌道がアウト-インになって左に引っ掛けたりスライスが出てたので、あえて右肩を残す打ち方にしてたんだけど、そうすると右腰が折れたり、インからクラブが下りてきて、あおり打ちになったりするもんだから、ボールにヒットする時に手首で調整しないと当たらない。下の写真のように右腰が折れて伸び上がると、

  • フェースは開いてハイスライスが出る。
  • あおり打ちになって慌てて手首をひっくり返してフックやチーピンになる。
  • そのまま打つとダブり、ダフリが怖くて伸び上がってトップになる。

つまり、これって結局手打ちでしょ。調子がいい時はタイミングもばっちりなんだけど、一度歯車が狂いだすと一気に不安定になってしまう。

フェースを閉じるには

フェースを閉じるためにアームローテーションと称して手首をひっくり返してタイミングを合わせないといけないのかなと思ってた。右腰が折れると、その分手首を使わないといけなくなる。手首を使わずに、フェアウェイが広いところで気持ちよく振ると大抵は右に飛んでいく。

「身体が開くとフェースも開く」と思ってて、アームローテーションはしょうがないのかなと諦めていたんだけど、実は身体を開く(=左肩を回す)とフェースが閉じるということに気づいた(写真はハンドファーストきつめだね。)

ゆっくりスイングして確認してみたんだけど、手首をニュートラルにして、左肩を思いっきり開くとフェースは閉じてくる。身体が詰まらないので右腰も折れることもなく伸び上がることもない。要は手首でタイミングを意識しなくても良くなった。

ただ、今までの癖でインパクト直前から、クラブを左に抜いていくことが多いので、ここだけは要注意。

意識すること

  1. テイクバックは腕の力を抜いて地面と腕が平行になるように身体であげる。
    • この時左腕は飛球線と平行になるイメージ
  2. ダウンは腕の力を一切なくして、ボディーターンしならが左肩を開く。
    • 右肩を回すと突っ込むイメージしかないので意識は左肩。
    • 手首を身体に近づける必要なない。左肩を開けば身体の近くを通る。
  3. インパクトからフォローにかけて右腕が飛球線に向くように意識する。
    • 引っ張ってインに引くことが減る

この3つのポイントだけ意識してたらアイアンの芯をとらえるようになり、ミート率も上がった。スイングがシンプルになった。ただ、動画チェックしてたら、まだ少しインサイドに引いてる印象があるな。

今まで、右足の踵が早めに上がって、右ひざがでてアウト-インになってたけど、スイングを意識したら、若干は上がってるものの今までとは格段に違う。

明日練習場に行って確認してみるかな。

4アイアン

コメントする